メンタルトレーナーになったきっかけ

最近スポーツ界でよく聞く、スポーツ心理カウンセラー(メンタルトレーナー)について現職のメンタルトレーナーの方に メンタルトレーナーになったきっかけなど気になることをインタビューしてみました。

●スポーツ心理カウンセラーになったきっかけは?  小学校4年生の時、背が高いという理由でバスケットボール選手になった。  始めた選手生活は忍耐と粘り強さ、時には人間の限界を越えなければならず急峻な時間だった。

同僚や先輩・後輩、指導者、時には両親など対人関係から来る葛藤、体力的の限界、訓練と試合の時の激しい競争を13年間経験し、 心理的に非常に困難であった。

 以降、運動選手の生活を引退して、一度は病院で働いたものの、興味を持ったスポーツ心理を学びたく、大学院に進学し、その後、スポーツ心理学に接した。  スポーツ現場での心理的な困難が理論化されている事実を知ることになり、選手時代、これを知らなかった物足りなさと一緒に新しい夢ができた。

 過去の私のような困難を経験している後輩たちに専門家として支援してたいという夢。  その道のスポーツ医学のスポーツ心理学に専攻を変え勉強に励んだ。

You can leave a response, or from your own site.

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans